大は小を兼ねる?

「大は小を兼ねる」辞書を調べると「小さいものより大きいもののほうが使い道が広く役に立つということ」と載っています。

最近引っ越したので色々物を揃えなくてはならず、迷った時はそうしようと思い買い始めました。

フライパン (Frying Pan) 

一番右のをチョイス。正解でした。目玉焼き一個から3人前チャーハンまで作れます。   

ソファ (Sofa)

一人用のソファが欲しかったのですが、何と3人掛けソファなら来客用のベッドに早変わり。ソファベッドにしました。いつでも来い、来客!

 

 

 

テレビ (TV)

テレビは迷いましたが、家電店員の巧みなセールストークにより大型をチョイス。結果、そのテレビでビデオを観ると映画館のような臨場感があり満足です. 

やっぱり「大は小を兼ねる」迷ったら大きい物を買うのは正解、と思っていたのですが、思わぬ落とし穴がありました。

左の写真のような出窓にロールスクリーンをつけたのですが、このようなものを設置するには、ロールスクリーンが落下しないように固定器具を必ず間柱 (注1) の上に取り付けなければなりません。

間柱:壁の裏にある縦方向に設置された木製の柱

間柱を見つけるには壁裏探知器が必要ですが、手持ちの万能タイプ機では大きすぎてうまく探知ができませんでした。

結 局コンパクトタイプの探知器を買い、一発で間柱の位置を見つけ一件落着。価格は 1/5 程度 😭

そうです。

大はいつでも小を兼ねる訳ではないというオチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Steve Mogi

ジルコン製品の魅力について実際に製品を使った方の意見や感想をご紹介します。使用方法はもとより、ジルコン製品によって作られた作品などを写真、動画と共に紹介していきます。Steve Feb.2012

アメリカ、ドイツ、オーストラリアなどの企業に延べ20年以上勤務。

ICT 教育研修研究所所長、裁判所公認法廷通訳人。

Advertisements

壁裏に隠れた柱、電線、その他を探す最先端の方法 (パート 2)

はい、お待たせ致しました。それでは室内壁裏に隠れている間柱を探す方法を紹介致します。Dear, readers

50年前やり方   image-for-blog-2-for-japan

壁をコンコンと軽く叩き音の変化で後ろに何かがあるが分かります。

利点:お金がかかりません。

欠点:慣れれば何となく分かりますが、手は痛くなりますし確実には分かりません。

20年前のやり方 image-for-blog-2-a-for-japan

太めの針で壁を刺し手応えの有る無しで壁裏に何かがあるのが分かります。ホームセンターではデザインに優れ、針が壁に何センチ入ったか分かるメモリの付いたものもあります。

利点:手を痛めずノックで探すより分かり易い。

欠点:壁に穴が空きます。しかもたくさん。手応えで探しますので、隠れていたものが間柱なのか電気配線なのか、はたまた金属製の何かは区別がつきません。

最新の技術を使った電子壁裏探知器

image-for-blog-2-b-for-japan

DIY大国のアメリカでは一家に一台の必需品として知らない人はいないくらい普及している電子壁裏探知器です。image-for-blog-2-d-for-japan

汎用品からプロ仕様まで揃っていて機種によりできることが違います。

左の製品①は発売元藤原産業「壁裏探知器F19」

ホームセンターで1,500円から2,000円位です。

間柱の位置が壁に穴を開けず分かるだけでなく、縦方向の間柱か横方向 の支え板が分かる。

image-for-blog-2-e-for-japan左の製品②は同じく発売元藤原産業「マルチスキャナーi520」8,000円〜9,000円位。

上記F19の基本機能に加え、スキャンにより探し出した壁裏にあるものが木材、金属、電線かを見分けることができる優れものです。

さてこれらの製品の欠点ですが、お金がかかります。これらの製品は高い買い物でしょうか安い投資でしょうか。あなた自身でお確かめください。

Steve Mogi

ジルコン製品の魅力について実際に製品を使った方の意見や感想をご紹介します。使用方法はもとより、ジルコン製品によって作られた作品などを写真、動画と共に紹介していきます。Steve Feb.2012

アメリカ、ドイツ、オーストラリアなどの企業に延べ20年以上勤務。

ICT 教育研修研究所所長、裁判所公認法廷通訳人。

外でDIY、部屋でビールが美味しい!

春になり暖かくなってきたので荒れ放題の庭の手入れや日曜大工を再開しました。もうちょっとすると夏になり蚊も出てくるので今のうちです。外での作業は気持ちいいですね。というか実際は終わった後のシャワー&ビールのためにやっているようなものですが。

Beer Image for Japan Blog

ビールを飲みながらインターネットでビデオを観るのも楽しみの一つなのですが、最近スピードが遅く良い所で画像が止まってしまいます。決まって「犯人はお前だ…」というようなところで止まります。というわけで、ハイスピードのインターネット回線を申し込みました。

翌週ケーブルの屋内引き込み工事があり、どうやって穴の位置を決めるのか見ていました。う~ん、さすがプロですね。巻き尺を使って見事にベストの位置に穴を開けていました。職人さんに「すごいですね」と言うと「何十年もやってるからね」との答え。ですよね~…(私には無理)。

Installation for Japan Blog

運命のめぐりあわせでしょうか。後日すごいものを見つけました。ジルコンのエグジット・ポイント  ExitPoint™ XL300という製品です。Primo ExitPoint室内の壁からでも外壁からでも穴あけ作業の前にドリルで穴を開けた先がどこになるかピンポイントで分かる優れものハイテク装置です。これがあれば私の家の工事をしたベテラン職人でなくでも作業ができそうですね. これで作業後に飲む冷たいビールがさらに美味しくなりそうです。

 

 

Steve Mogi

Steve Feb.2012

ジルコン製品の魅力について実際に製品を使った方の意見や感想をご紹介します。使用方法はもとより、ジルコン製品によって作られた作品などを写真、動画と共に紹介していきます

アメリカ、ドイツ、オーストラリアなどの企業に延べ20年以上勤務。

ICT教育研修研究所所長、裁判所公認法廷通訳人。

 

限られた場所を有効活用

多くの人が寝室、くつろぎの部屋、作業スペースなどのプライベート空間をうまく活用したいと思っています。一時的な場所であれ長く使う場所であれ自分の個性を生かした場所にするのは簡単です。家具の色を変えたり壁の絵を変えたり、アイディアは無限にあるのです。

例えば、アメリカの大学キャンパス生活において、生徒たちは自分たち住む寮などを勉強や友達との時間を快適に過ごせるよう、いろいろ工夫をしています。寮生活で必要な物、例えば、教科書、衣服、生活必需品は値段が年々上がっています。

そのため彼らは、あまりお金をかけず自分の生活空間に自分らしさを出す工夫をしています。例えば以下の写真のような感じです。

色使い: 大抵の寮は、壁の色を塗り替えたり壁紙を貼ったりすることはできません。でもそれは自分の好みの色を使えないということではないのです。ベッド、シーツ、毛布、マットなどに自分の色を使い心地良い空間に変えることができます。また殺風景な空間をちょっとして工夫で大変身させることもできます。

wow, desk really changed参考リンク: PrettyHandyGirl.com vanity nightstand

座る場所: クッション、ビーンバッグチェア(左図)、オットマン(足がのせられるソファー) なども部屋のイメージをガラッと変えられます。giant-bean-bag-chair

002壁の装飾は室内の雰囲気を変える重要な要素です。例えば写真。普通は写真立てに入れて使いますが、壁に掛けるとずいぶんイメージが変わります。大小の写真フレームを好きなレイアウトで壁に直接掛けてみて下さい。時計も違う種類を目的別にいくつか壁に掛けると素敵なインテリアに早変わり。

003

006限られた空間を有効に使うには壁を上手に使いましょう。小物を置ける棚をインテリアとして利用し自分のくつろぎ空間を作り上げます。但し、壁に何かを取り付ける時は、設置場所が肝心です。壁の裏には梁(はり)といって木製や時には金属製の柱が縦方向と横方法に入っています。この柱の場所を特定してそこにクギやネジを打たないと設置物が落ちてきて危ないからです。壁を傷つけず壁表面からそれらの位置を特定するには、ホームセンターなどで売っている壁裏探知機を利用します。単純に木の柱だけを探す機種から

 

001

金属、通電線などを特定できる機種までありますので、用途に合わせてお店の人に相談して下さい。参考までに写真は日本で売っている米国Zircon社の上位機種i520。

Zircon i520自分で部屋の空間をデザインするのは、本当に楽しいものです。私の場合、なにより好きな空間にいると気分が落ち着き、エネルギーがわき出てきます。明日もやるぞって気分になれるんですね。自分の空間作り。皆さんもぜひチャレンジしてみて下さい。

 

 

 

Steve Mogi

ジルコン製品の魅力について実際に製品を使った方の意見や感想をご紹介します。使用方法はもとより、ジルコン製品によって作られた作品などを写真、動画と共に紹介していきます

アメリカ、ドイツ、オーストラリアなどの企業に延べ20年以上勤務。

ICT教育研修研究所所長、裁判所公認法廷通訳人。Steve Feb.2012